生え際 薄毛 復活

生え際の薄毛から確実に復活する方法

薄毛から確実に復活する方法として、現在医学的に効果が認められているのは、フィナステリドとミノキシジルという薬です。
日本でもAGAクリニックの診察でAGAであることが認められれば、この薬が処方してもらえます。

 

生え際の薄毛は本当に復活するの?

医学的に効果が認められているのフィナステリドとミノキシジルですが、このうち生え際を復活させるのはフィナステリドの方です。

 

AGAクリニックではハミルトン・ノーウッド分類で初期(生え際の薄毛)に当たる場合、フィナステリドで治療するのが一般的です。
>>生え際の後退レベルを診断!公認の基準と進行チェック方法とは?

 

生え際は男性ホルモンの影響を受けやすい部位なので、悪玉男性ホルモン(DHT)の生成を抑えるフィナステリドが向いているんですね。
※逆に、つむじの方の薄毛が進行した場合にはミノキシジルが併用されます。

 

復活の確率は!?

フィナステリドの治療では、いったいどれぐらいの確率で復活するのか!?
統計データがあります。
>>プロペシアR錠の臨床効果<国内データ(1年)>
1年間で6割の確率で改善、4割は現状維持です。
2年続ければさらに復活率は上がり、8割になります。

 

1年で6割というと、まるで5分5分ですが、残り4割も悪化はしないので、少なくとも現状維持は約束されるようなものですね。

 

 

治療が受けられないケースも

ただ、クリニックでの診察の結果、AGAとは認められないケースも結構あるようです。

 

例えばこの方のように・・・

医師にもうすこしはげてから来てくださいと言われました

10代はもちろんのこと、20代でも生え際の状況によっては薬によるAGAの治療を受けられないケースがあります。
それは、フィナステリドの安全性によるものです→生え際が後退した10代男性から判明した衝撃の事実とは

 

確実に復活する方法なのに、自分は受けられない!
というのはつらいですね。

 

本当は、ミノキシジルやフィナステリドは医者を通さずとも個人輸入することも可能です。
でも、そこには色々なキケンがつきまといます。

 

 

 

ミノキシジルやフィナステリドの個人輸入で大失敗!?

薄毛から確実に復活する頼みの綱ともいえるミノキシジルやフィナステリドですが、個人輸入で使ってみたら逆に前髪を持ってかれた!という報告が後を絶ちません。

 

フィナで前髪もっていかれた人
プロペで前髪無くなったやつどれぐらいいるの?

 

このことからわかるように
AGAクリニックというのは、ただ薬を出しているだけではありません。
個人輸入で失敗するようなリスクを避けて対策するためにも、実績あるクリニックに診てもらうのが安全です。

 

個人輸入は脱法行為?

現状、ミノキシジルやフィナステリドは個人輸入できますが・・・
かなりスレスレの状態だといわれています。

 

スレスレってどれぐらいかというと、脱法輸入代行とまで言われているんですね。
↓↓

犯罪の温床にもなる不正な薬販売サイトの横行を阻むために活動している監視・認証機関に「レジットスクリプト」という組織があります。
参考:naverまとめ「医薬品圧力団体「レジットスクリプト」VS 脱法輸入代行「オオサカ堂」仁義なき戦い」

 

そこまでキケンな思いをして、その上で前髪がもってかれる失敗の可能性も高いのが個人輸入。

 

やはり、多少お金がかかっても、きちんとしたクリニックに診てもらう価値はありそうです。
もってかれた前髪は帰ってきませんからね。
↓↓↓↓
※600パターン以上のオリジナル処方 薄毛治療の無料カウンセリング