生え際 薄毛 産毛 AGA

生え際の薄毛はAGA?産毛があるのは良いのか悪いのか・・

最近、生え際の薄毛が気になり始めて、M字はげって言うみたいなんですけど(嫌な呼び名ですね)
生え際に産毛があるのに気づいたんです。

 

 

この産毛って、もしかして、元々髪の毛だったものが細く短く退化したのでは!?
直感的にそう思いました。
だって、生え際が薄毛が気になるぐらい進んでるわけですからね。

 

 

でも、もしかしたら・・・
新しい毛が生えてきてるかも?
それは無いでしょうね。特に対策してなかったので。

 

 

気になったので、生え際の産毛について調べてみると、やはりこれは「元々髪の毛だったものが細く短くなったもの」で間違いなさそうでした。
※僕が生え際の薄毛と産毛の関係について調べた細かい内容はあとで解説してますから興味があれば見てください。

 

 

結果から言うと、これはAGAの初期症状だったのです。
だから、ここで選択を誤ると、そのまま生え際の薄毛が進行してしまう恐れがありました・・・

 

 

薄毛について調べた中で、実は良い知らせもありました。
それは、この産毛が残っている場合、毛根は生きてるので、再び太く長くなれば髪が戻る = 生え際が戻る可能性があるということです。

 

Youtubeで見つけたんですが、この動画みたいな感じですね。

 

しかし、AGAの初期症状を治すなら、クリニックはどこでもいいというわけではありません。

 

もし一般的なAGA薬が欲しいだけなら、近所の皮膚科でも出してもらえることがありますし、個人輸入でも手に入ります。
でも、それならみんなAGAクリニックに通ったりしませんよね。

 

AGAの初期は薬との相性が大事で、合わないと逆に前髪を失ったという報告が少なくありません・・・
参考:「プロペで前髪無くなったやつどれぐらいいるの?

 

だから、一般的な薬を出すだけでなく、ちゃんと検査してその人に合った薬を出せる、処方も多いクリニックを選ぶのが安全です。
できればオーダーメイド処方のクリニックを選んでおけばより安心でしょう。

 

オーダーメイド・処方の多いクリニックランキング

AGAINクリニックのおすすめポイント
  1. オーダーメイドの処方がある
  2. 初期症状の出始める20代・30代の専門
  3. 半年経過しても生えなければ全額100%返金保証
処方の幅広さオーダーメイド
対応地域東京
評価評価5

AGAINクリニックの特徴

AGAの初期症状が出はじめる20代・30代の専門クリニックで、通院患者様の50.3%が20代という、20代に強いクリニックです。
そのため20代・30代の患者が多く

  • 就職するまでに生やしたい
  • 結婚するまでは禿げたくない

という要望をもつ人の治療を手がけています。

オーダーメイド治療

AGAINクリニックはオーダーメイド治療をやっているので、患者の髪の毛の進行状態や健康状態に合わせて一番ベストな内服薬や外用薬を処方します。
また、熟練ドクターの優れた注射技術で最も効果的な方法で施術していくため、治療結果は99%の方が発毛を実感しています。
発毛成長因子を注入していく治療は現在最も有効な薄毛治療として世界で注目を集めています。

 

全額100%返金保証

AGAINクリニックには返金保証対象のコースがあります。
治療して半年経過しても生えなかった場合、治療費の全額100%が返金してもらえます。
当サイト調べでは、全額100%をしているクリニックは全国でAGAINクリニックだけです。

 

総評

AGAの初期症状が出はじめる20代・30代を中心に結果を出しているクリニックですから、東京まで通えるならAGAINクリニック一択でしょう。
実際、他のクリニックで何年か治療したが、効果が出なかったという方に効果が出た例があるなどの評判を聞きつけ、青森、福島、山梨、栃木、茨城など遠方から通院している患者も多数いるようです。

 

 

ヘアジニアスのおすすめポイント
  1. オーダーメイドの処方がある
  2. 4ヶ月以内に98%が実感
  3. 米国薬局方基準をクリアした薬だけを使用
処方の幅広さオーダーメイド
対応地域東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄
評価評価4

 

ヘアメディカルのおすすめポイント
  1. 600種類の処方がある
  2. 1ヵ月の治療費が安い
  3. 医療ローンの取り扱いなし
処方の幅広さ600種類
対応地域東京、大阪、名古屋、福岡
評価評価3

 

 

 

 

 

 


生え際の薄毛を解決する方法

薄毛が気になってきたけど、よく見たら生え際の産毛はある。

 

 

産毛とはいかないまでも、短くて細い毛がある、という方もいると思います。

 

 

その短くて細い毛、一定期間気をつけて観察してみてください。
放っておいても太く・長く育ちますか?
(たぶん育たないんですね・・・)

 

 

では、仮に、これらの毛が太く・長く育ってくれれば生え際が戻るのでしょうか?

 

 

先に回答を言ってしまうと、もし育つなら生え際は戻るでしょう

 

 

その解決方法は現時点では・・・

  1. 悪玉男性ホルモンを抑えること(防御系)
  2. 髪の成長力を高めること(攻撃系)

の2つの対策を同時に行うことしかないと言われています。

 

 

攻撃系と防御系、両面から対策する方法は3つあります。

  1. AGAクリニックで専門家に任せる
  2. ミノキシジルとフィナステリドを個人輸入する
  3. 新しいタイプの育毛剤に挑戦する

 

 

 

 

 

AGAクリニックで専門家に任せる

やはり、一番安心で確実な方法はAGAクリニックの専門家に任せてしまうという方法です。

 

 

専門的なクリニックでは、肉眼では確認できないような細かい変化まで特殊なカメラで写しながら観察しますし、薬をのむ人の状況・状態にあわせて、数百通りの処方パターンを用意しているクリニックもあります。こうして、薄毛と副作用の状況を常に専門化が観察しながら、効果の高い処方で改善していくのがAGAクリニックの治療です。

 

 

これは個人では絶対できないことです。

 

 

また、同じフィナステリドを飲むにしても、使い方次第では逆効果になってしまうことも多いです。
2ちゃんねるでもスレが立つほど、自己判断で生え際の薄毛が進行してしまったケースがあとを絶ちません。
フィナで前髪もっていかれた人
プロペで前髪無くなったやつどれぐらいいるの?

 

 

AGAクリニックはなにもただ処方箋をもらうためだけにあるんではないのです。
こういったリスクがないように、薬の効果を最大限発揮するためにAGAクリニックがあるんですね。

 

 

≫オーダーメイド・処方の多いクリニック

 

 

 

ミノキシジルとフィナステリドを個人輸入する

一部、スレスレの手法でこれら治療薬の廉価版などを個人輸入して飲む方法などネットを探すと見つかりますが、副作用や髪の変化を自己判断して薬を飲み続けるというのは、たいへん危険だと思いますし、飲み方を間違えれば効果は期待できません。

 

 

※ちなみに、スレスレってどれぐらいかというと、脱法輸入代行とまで言われていますね。。

犯罪の温床にもなる不正な薬販売サイトの横行を阻むために活動している監視・認証機関に「レジットスクリプト」という組織があります。
参考:naverまとめ「医薬品圧力団体「レジットスクリプト」VS 脱法輸入代行「オオサカ堂」仁義なき戦い」

 

 

新しいタイプの育毛剤に挑戦する

また、どうしてもAGAクリニックに行きたくないという人のためには、副作用のほとんどない、それでいてプロペシアと同じような働きをする天然成分のサプリメントや育毛剤があります。

 

 

副作用なしでプロペシアと同じ働きをするものがある?

育毛剤で言うと、M-034育毛剤の中に、オウゴンエキス、ヒオウギエキスというものが含まれています。
このエキスがプロペシアと同じようにDHTを抑制する働きを持っています。
天然成分ですから、プロペシアと比較すると緩やかな効き目ですが、その分、ほとんど副作用が無いのが特徴です。
また、M−034自体も、AGA治療でプロペシアとセットで処方されるミノキシジルと同じ働きをするもののため、ほとんど、AGA治療院の薬とおなじようなことが、このM−034育毛剤でできるのです。

 

 

サプリメントでは、ノコギリヤシ、亜鉛といったものがDHTを抑制します。
特にノコギリヤシは、プロペシアと同じで、もともと前立腺肥大の薬としてDHTを抑える効果が研究されていたものです。

 

 

こちらも天然成分ですから、プロペシアよりも緩やかな効き方をしますが、そのぶん副作用がほとんどありません。

 

 

天然成分には、ノコギリヤシと亜鉛のほかにも、DHT抑制に重要な成分がいくつもあります。
これらをまとめて摂ろうと思ったら、食事から毎日摂るというのは現実的ではありません。
そのため、すべてのDHT抑制成分をバランスよく配合したサプリメントが選ばれています。

 

 

 

 

それでは、以下に、今回の件で生え際の産毛について集めた情報をまとめておいたので、興味がある方は見ていってください。

 

 

 

悪玉男性ホルモンについて、もっと詳しく解説

生え際の薄毛ですが、この原因は主に悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)です。

 

 

だから、AGAの治療院・クリニックでも、生え際の薄毛に対してはDHTをおさえる治療 = プロペシア(フィナステリド)での治療が行われます。
プロペシアは、元々はDHTを抑制することで前立腺肥大を治す薬でしたが、DHTを抑えた結果、生え際の薄毛も改善したため、今では、薄毛治療の薬として有名になった薬です。

 

 

前立腺肥大症に対して低用量で、前立腺癌に対しては高用量で使用される。ドキサゾシンと組み合わせて用いることにより、前立腺肥大症の病状が進行する危険性を低減することが示されている。
1991年にフィナステリドの開発が始まり、初め1992年に米国で前立腺肥大の治療薬としてプロスカー(5mg錠)の商品名で認可された。しかし、その後1mg用量での研究によって、男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られることが明らかにされ、1997年12月22日、FDAはフィナステリドを男性型脱毛症の治療薬として認可した。
参考:wikipedia

 

 

このDHTですが、悪玉男性ホルモンとまで呼ばれているのには理由があります。
それは、体毛をムダに濃くしたり(ムダ毛)、ニキビの原因になったり、前立腺肥大を引き起こしたり、そしてなんといっても薄毛・抜け毛の原因になるという、成人男性にとって全くいいところない、悪さしかしないようなホルモンだからです。

 

 

そんな悪玉ホルモンの存在意義ってあるのでしょうか?
実は、DHTは男性が生まれるまでの間には非常に重要な役割を果たします。
それは、胎児の男性器を形成するという役割です。

 

 

しかし、一度男性器を形成した後は特に良い役割も無く、薄毛などの良くない面しか目立たないため、悪玉ホルモンとまで呼ばれています。

 

 

AGAには遺伝的、環境的な種々の要素が関わっている。多くの研究者がAGAのリスクとなる要素を研究しているが、その多くはいまだ不明である。リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン(dihydrotestosterone, DHT)がある。男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。 AGAは、前立腺癌と深く関連している。
参考:wikipedia

 

 

このDHTが薄毛にたいしてどのように悪さをするか、というと、毛髪・髪の毛を体毛化・軟毛化させてしまうという効果で薄毛を進行させてしまうのです。
体毛化/軟毛化というのは、髪をどんどん細くそして短くしてしまうという意味です。

 

 

髪は本来の長さ太さをうしなって細く短くなると、だんだんと体毛と同じような状態になってしまいます。
さらに症状が進むと、産毛と同じ状態になってしまい、産毛状の髪が増えると、その部分は薄毛、そしてハゲた状態に見えてしまうのです。

 

 

本来、髪の毛が細くなり始めた時点で(軟毛化のはじまり)、AGAの初期症状とみなされます。
放っておくと、進行してしまいますし、進行してからだと改善の難易度もあがりますから、できるだけ早めに対策したい症状です。

 

 

復活したければ産毛を捜せ

ここで、重要なのが産毛です。
生え際の産毛というのは、このようにもともと髪の毛だったものがDHTの影響で体毛化してしまったものである可能性が高いのです。

 

 

逆を言えば、この産毛が残っていると言うことは、毛根は生きているということになります。
そして、この産毛状の髪が元来の太さと長さを取り戻したときに、生え際の薄毛が元に戻る可能性があるのです。

 

 

そのためには、DHTを抑制することが必要です。
DHTを抑制するには、AGA治療院・クリニックに通い、プロペシア・フィナステリドを処方してもらうのが最も確実な方法です。

 

しかし、プロペシアには副作用があります。
それは、男性器・生殖器に関わる副作用で、勃起不全になったり、精子の量や質が低下するという副作用のため、これから結婚や出産を考えている男性にとっては見逃すことの出来ない副作用です。

 

 

そこで、専門家であるAGAクリニックの出番になります。
定期的に医師の診療を受けながら、薬を飲んでみてどんな変化があったか、専門家が見れば適切な対処ができますし、髪の変化にあわせて処方してもらえるので、間違った選択をしてしまうこともありません。

 

 

生え際 産毛 男

産毛の悩みがあるのは女性だけではありません。

 

 

当然、男の人も辛いものです。産毛のことを指摘されたら、女性と同じように、男性だって暗い気持ちになります。

 

産毛は嫌だからどうにかしようと育毛剤を使うのが一般的に行われる対策方法です。

 

 

育毛剤と併用し、髪の毛を洗うのに、育毛シャンプーを使用する人も少なくありません。

 

併せて使用することによって、効果が倍増するのではないでしょうか。
育毛剤には頭の表皮の環境を整えるという効果があり、毛髪の成長促進の効果が期待されるものです。
育毛剤に含まれる成分には、生え際の血行を促進するものや毛髪の成長促進に必要不可欠な栄養が配合されています。

 

どんな育毛剤でも全て同じ効果があるとは限らないでしょうし、人によっては育毛剤の相性で違いもあるでしょうから適正な育毛剤を適切に選ぶようにできることが大事です。効果を試すのに半年くらいみて気長に試されてみてはいかがでしょうか。

 

 

育毛効果のあるシャンプーは生え際の脂や汚れを落とし、髪を丈夫でしっかりと育てる助けとなります。普段私たちが使用しているシャンプーに入れられている成分で、洗浄効果のあるものは、デリケートな生え際に悪い影響を与えやすく髪が抜けてしまう可能性もあるのです。

 

 

 

ですが、髪の成長を促すシャンプーの使用により、生え際や髪にとってマイナスにならない成分で優しく洗い流すことが可能となっているので、元気な髪を育てることができるのです。
産毛で悩む当人にとってみればかなり深刻なことなのですが、現在の制度ではAGA治療はまだ保険対象外なのです。

 

ハゲていたからといってもとくにこれといって、命に関わるものではありませんが、当人の精神的なところでは、かなり耐え難い負担を感じるものです。できることなら、精神的ダメージも考慮して保険に適用してもらえたら嬉しいと思う人もたくさんいるはずです。産毛を気にやむ男性が育毛剤を使うよりも手早く髪を増やすやり方があります。

 

ご存知かもしれないですが、それは植毛です。高い確率で髪を増やせますが、失敗するケースもあるそうです。
植毛というのは手術なので、手術の際にメスで切った部位の傷跡が時間が経っても残存してしまうという例もあります。脱毛が気になり、以前のように戻りたいと思って頼るのが、毛髪を育てるタイプのサプリです。

 

 

皮膚よりも深い部分から、体内から必要な成分を取り入れて、育毛作用を増進させるものです。
現代人は忙しいので、食事から改善していくのは難しいので、このサプリで補うことによって、手軽な育毛につながるでしょう。悩みを解消するというのも生え際を刺激することが育毛にいい理由です。

 

 

 

しかし、生え際マッサージにはすぐに改善される効果はありません。

 

少しやっただけでは変化が表れたかどうかを確認することはできないと考えておいてください。

 

生え際マッサージは諦めずにコツコツ続けていくことが重要になります。

 

 

育毛を促進させる薬剤の仕組みはブレンドされている成分によってそれぞれ異なりますから、生え際の状態に適合したものを選ぶといいでしょう。高価な育毛剤ほど髪を育てる効き目が高いかというと、そうとは限りません。

 

 

含まれている成分と配合量が自分に適しているかが大切です。

 

 

産毛の要因としては、アルコールを多くとっているということも影響します。アルコールに入っている糖分過多により、皮脂の分泌が活性化してしまいますし、体内のアルコール成分をバラバラにするアセトアルデヒドを合成する際に、脱毛を進めさせるDHTを増やすことが理由とされています。

 

育毛剤に興味のある人も少なくないとは思いますが、期待できるのか気になりますよね?簡単に言うなら、効果は人それぞれなので、必ず嬉しい結果をもたらすとは限らないでしょう。

 

育毛剤にチャレンジしてみてもちろん、髪に自信が出る人も少なくないですし、期待していた効果が得られなかったと感じる人もいます。

 

 

 

≫オーダーメイド・処方の多いクリニック